KUON OF HUMAN

クオンの人材

人材、それが私たちの企業の財産です。

ひとりひとりが大切な戦力。一丸となって常に全力を出せるのがクオン電子の強みです。そんな仲間達をご紹介しましょう。

夢を語れる人であってほしい

代表取締役:清沢
KUONの出発点は?

自分達は誰のために仕事をするのか---。 お客様に喜んでもらうために仕事をする。その中で、自分達の力を試してみたい。そんな気持ちで、皆でKUON-クオン電子をスタートさせました。私達は、設計もサービス業だと考えています。お客様が何を望んでいるのか、それを満たすのに自分達に足りないことは何なのか、日々自問自答しています。いいものを作り、それをお客様にも理解し評価していただく。それが私達が働く上での喜びなんです。

KUONをスタートさせてから今までやってきて、自分達の考えが間違っていなかったと実感しています。 なぜならお客様から「ありがとう」の声を聞くことが本当に多いからです。お客様にKUONのサービス、技術力、対応力を喜んでいただける。私達の原点と喜びがここにあります。

社名の由来は?
KUONの社名は、「久遠(永遠)」から来ています。 KUONの「お客様を人々を大切にしたい、皆に喜んでもらいたい」という気持ちが、KUONという会社が、無限に続いていくように、そんな願いをこめています。
KUONのメンバー達は?
KUONには思いやりにあふれ、いい仕事をするメンバーが集まっています。「人々に喜んでもらいたい」という理念に基づいて、各自が責任感を持ち、自分が何を求められているのかを自覚して行動しています。その仕事ぶりに、頭が下がることも多々あります。 素晴らしい仲間が集まって、ここで共に働いていることを、とても嬉しく誇りに思っています。
KUONのメンバーに望むこと
KUONのメンバーは、夢を語れる人であってほしい。夢は何でもいいんです。車がほしいとか、家がほしいとか、そういったことでもいい。 夢があれば目標ができる。目標があれば、明日自分が何をすべきかがわかる。ただ漫然と働いてほしくないんです。あまりの忙しさに1日のほとんどの時間を仕事に費やしているメンバーもいますが、できれば仕事だけでなく遊びも通じて、さらに新しい発想を取り入れ、知識を深め、人間の幅を広げて、人から頼りにされるようになってもらいたい。
未来の仲間へのメッセージ
KUONで働く人には、ぜひこの場を通して成長してほしい。設計という仕事が好きで、やる気があるならば、ここには新しいことに挑戦し、能力を伸ばす機会がたくさんあります。KUONというフィールドで、やりたいことを実現してください。また、自分の人生の目標を達成するためのスキルや人間力を磨いてください。そういったことを実現できる環境を整えるられるよう、私達皆がサポートします。
あなたの未来について
私には個人的な大きな夢がありますよ。世の中がKUONで埋まるようにしたいんです! 今共に働く仲間と、そして将来の仲間とその夢を一緒に実現したいと思っています。

◇基板設計

パターン設計はパズル

担当:堀内課長
担当業務でのやりがいは?
パターン設計は数千、数万ピースのパズルのようなものでピースの形は自分が決めるのです。このパズルを苦労して完成させるからこそ出来上がったときの達成感があります。また、自分の設計した基板が使用された家電や機械を利用されているところを見たときには人の役に立っているのだと、とてもうれしく思います。
あなたの未来について
今までに電源、アナログ、デジタル等、ほとんどのパターン設計を経験してきましたが、オールマイティなスペシャリストへの挑戦です。
KUONで働くということ
設計者にとってはとても良い環境にあると思います。協力し合い、教え合う。当たり前のことですがそれが普通に出来ている会社です。そんな環境に置かれると新人の上達も早いし、熟練者も常に勉強になっていると思います。
未来の仲間へのメッセージ
私は絵を描く事が苦手でした。それなのに今ではデザイナー(設計者)、コンピュータと電気に少し興味が有っただけです。考え方を少し変えたり、やる気さえあれば仕事も楽しめます。

設計会社を超えた提案型設計会社に!

担当:Hさん
あなたにとって設計の仕事とは?
設計の仕事をしていると、自分達が設計したものがどんな動作をするのか、どんな性能を 発揮するのか、知れば知るほど更に深く知りたくなります。そうして私達が蓄積してきた技術やノウハウをベースに、発想や思想を形にしてお客様に喜んでもらう。あるいはすばらしい商品を開発して、世の中に売り出すことができるかもしれない。そういうことができると、設計の楽しさや面白さがさらに増すと思うのです。 そんなことができる設計会社を超えた提案型設計会社を目指したい。いつまでも夢と希望を絶やさずに挑戦し続けたいと思います。
KUONで働くということ
KUONでは世界的なメーカーの商品開発に関わることができ、自らの考えを採用してもらう事もできます。皆が高みをめざしており、お互いを助け合い高め合う社風がここにはあります。 ついつい高い性能を追い求めるあまり、時間が足りなくなってしまうこともありますが、 次から次へと舞い込んでくる新しいプロジェクトで、内容に応じて各人が得意な分野の知恵と能力を発揮します。 固定的ではなく流動的に、そして馴れ合いではなくプロフェッショナルなチームワークで私達は仕事をしています。また、経験年数の浅い人には、仕事を通して成長できるよう、メンバーが皆でサポートします。
未来の仲間へのメッセージ
この仕事をするのに大切なのは、やる気です。あとは投げ出さずやり遂げられるタフな精神力です。私達と一緒に毎日笑顔が絶えない豊かな未来を設計しましょう。

基板設計でこの世に自分の痕跡を残す!

担当:Mさん
担当業務でのやりがいは?
設計の仕事の醍醐味として、自分が手掛けた基板が製品として世の中に出回り商品としてお客様が使って頂ける喜びは嬉しいですね。 街角や電気店などで自分の手掛けた製品を見ると喜びは格別ですよ。 業務をやればやる程自分のスキルがupしていき将来は手に職を持つのと同じ武器をもてます。
あなたの未来について
将来は、今お付き合いのあるお客様と信頼関係を築き上げ、今後も複数のお客様とお付き合いできるようにしていきたいです。 自分独自のお客様をつくっていきたいですね。
KUONで働くということ
「自分の努力でなるようになれる」という事ですね。特に大企業では上司に言われてただやるだけが多い中、KUONでは自ら率先して仕事に取り組め、しかも周りの仲間がサポートもしてくれます。 特に人数が多いところは個人バラバラな思考を描いてしまいがちでなかなか一人一人が会社目標や事業目標を疎かになりがちですが、 少数精鋭のKUONは大変統率のとれた会社です。しかも自ずと目標がでてきます。その目標に向かって邁進できる事はすばらしいと思いませんか?
未来の仲間へのメッセージ
設計の道を極めたい、あるいは新しく設計の仕事に挑戦したい思っているあなた!将来の電気製品を私達と創っていきませんか? 電気製品の一番の心臓部であるプリント基板を手掛け、一緒にこの世に自分の痕跡を残そうではありませんか。

多様な働き方ができる

担当:Yさん
KUONで仕事を始めた背景を教えてください
私は、今KUONでアルバイトとして働いています。事情があって2年前にUターンしました。以前はセットメーカーなどで社員としてがむしゃらに仕事してましたが今は仕事があれば以前に増して仕事をし区切りがつくとかなり長期の休みをいただいています。 年間の1/3は仕事にしばられない自由な時間を持つのが目標です。おそらく、ここKUONでないと、この働き方はできなかったと思うので、こういう働き方を理解し受け入れてもらえて、ありがたいと思っています。
設計の仕事を選んだ理由は?
最初はセットメーカーに入社し製造技術をしていましたがもっと技術よりの仕事がしたかったんです。 転職も何度となく繰り返しました。そんななかでプリント基板の設計と出会いました。プリント基板の設計はかれこれ15年程やっています。
あなたにとって設計の仕事とは?
設計の仕事の面白さですが、製品の開発に携われることが魅力ですよね、自分が設計したものが世に出るわけですから。 基板はそれがないと製品として動かないという大もとの部分ですから、それを設計するのは面白いですよ。お客様の要求レベルに対応でき、納期も間に合い、納品した設計内容をお客様が非常に喜んで下さった時には、とても達成感を感じます。
それに設計の仕事は、たとえば学歴や会社の立場といったバックグラウンドの違いに関係なく、対等に仕事ができると思うんです。 設計者のスキル、あるいは設計会社のレベルに一定のものがあれば、相手が大会社であってもパートナーシップの関係で一緒に仕事ができる。そこがいいと思います。
未来の仲間へのメッセージ
KUONでの設計の仕事はレベルが高いですよ、お客様の要求レベルが高いですから。KUONのメンバーはお客様の要求レベルに応えようと日々努力しています。 だからスキルアップしたい人は、自分が望めば、難しいことにどんどん挑戦して自分の力を伸ばすことができると思います。個人的には、あまり電気的な知識がなくても、数年かければ一人前の設計者になれると思います。 2-3年後の自分を見据えて、技術・スキルのレベルアップに励んでください。設計は、ずっと続けていくことができる仕事だと思います。設計の仕事をする上では、何が一番重要で、その次はどこか、といった見極めができることが大事だと思います。 仕事によって重要な点がそれぞれ違ってきたりしますが、押さえるべき点がどこかわかること。その辺はセンスだったり、経験によってわかるようになったりします。KUONは、多くの会社がそうであるようなタテ社会という構造をあまり意識しないで、やりやすいと思いますよ。大変なときには皆さんフォローしてくれますしね。 KUONでなら、やる気さえあれば何でもできますよ。

無理と思えることでもあきらめないこと

担当:Hさん
担当業務でのやりがいは?
システム、プログラムを担当しています。 羊が一匹2匹3匹5匹というふうに、私は物を数えるときいくら注意しても間違えてしまいます。そういう仕事は苦痛なんですが、一方 設計業務での効率化について実現すれば便利になるとか楽になるといった用件を出され、それが実現可能かもしれないと思えいる難題を与えられたときにやりがいを感じます。 現状では基盤のエラー箇所の解析ソフトを勉強中です。そのまま使うだけでは擬似エラーがたくさんで羊を数える状態と同じなので設計上のエラーだけが出る方法を追求しています。
あなたの未来について
アイデアを持ち続け技術書も読み、無理と思えることでもあきらめないこと
未来の仲間へのメッセージ
困ったときに忙しい中でも話を聞いてくれる社員の方がいることです。自分も困ってる人がいたら話を聞けるようにならなければいけないと感じています。未来の仲間へのメッセージは、「日々努力」。

勉強できる場がある

担当:Kさん
担当業務でのやりがいは?
自分が設計に携わったものが世の中に出て人の役に立つことです。
私は設計のアシスタントという立場で、現在プリント基板の設計に携わっています。その中で、私が携わった案件がお客様の承認を得て、これから世の中に出て人の役に立っていくことを考えると、とてもやりがいを感じます。
あなたの未来について
私はプリント基板の設計に加えて、シミュレーションの実施も一部担当しています。
シミュレーションは電子機器のモデルを基にPC上で波形の確認などを行うものです。
まだまだ若輩ですが、勉強を重ねてプリント基板の設計だけでなく、シミュレーションという分野でも活躍することができるようになっていきたいです。
KUONで働くということ
成長につながる環境で仕事ができることです。KUONは少数の人数で業務をこなしています。
そのため、1つの分野だけでなく、幅広い分野での知識や経験を身に着けることができ、自身が活躍する場を広げていけると思います。
未来の仲間へのメッセージ
私はこの仕事に就く前にSEとして働いていました。
そのため、電気的な知識はほとんど持っていない状態でこの業界に入ってきました。
ですが、KUONでは県外で行われる研修への参加など、勉強できる場を作ることを積極的に援助してくれます。
経験や知識がないからと不安にならず、思い切って飛び込んでみてください。

◇機構設計

絵を描くように設計

担当:林部長
お仕事について教えてください
産業機器用のパワーモジュールを主に設計しています。お客様から外観デザインや用途といった条件をいただき、用途、機能、納期、コストなどの要件に加え、製造しやすさなどにも配慮して、設計作業を進めていきます。KUONでは、プリント基板と機構の設計に対応できるので、プリント基板が内臓されるような製品の場合は、筐体とプリント基板の設計を並行して進めることができます。 社内ゆえのコミュニケーションの良さとチームワークにより、お客様の手間を省き、設計変更や納期などの要望にも柔軟に対応で、より良い設計サービスを提供することができます。KUONはお客様に必要とされる企業でありたいと考えています。設計の質の良さもさることながら、お客様の立場に立って考え、かゆいところに手が届くような対応を心がけています。お客様の要望に合致するものを設計をしないと我々の仕事は価値がない。しかし言われた通りに設計するのならある意味誰にでもできるので、 KUONならではのサービスとして、必要に応じてより良いものをお客様と一緒に作り出すための提案もしていきます。
担当業務でのやりがいは?
仕事でやりがいを感じるのは、一番にはお客さまに喜んでもらえた時です。また、技術的に難しい仕様や厳しい納期などの仕事をいただいた時にもやりがいを感じます。仕事は大変ですが、そういう時はお客様が良い結果を待ち望んでいることが多いので、期待に応えたいと思うわけです。しかしながら、設計する製品のイメージがわかない時は大変です。長いトンネルに入ってしまったように光が見えずに試行錯誤しつづけます。 あと少しでできるのに、あと一歩が進まない。そういった時が一番苦しいです。しかしそこを苦労して乗り越えると、非常に達成感がありますし、後で振り返ると、苦労したその時が一番面白かった、と感じることも多くあります。試行錯誤を繰り返し、行きつもどりつしながら作りこんでいく。たとえ苦労して作り上げたアートワークを途中で大幅に変更することがあっても、そこへ到達するために割いた どの時間も決して無駄ではないのです。
あなたにとって設計の仕事とは?
小さいころから絵を描くことが好きでした。設計は理詰めではあるけれど、一方で感覚、感性、センスといった部分によるところもあり、どこか絵を描いているような部分があります。図面というのは設計者の意思を第3者に伝える手段。 そういう意味で、きれいな絵つまり判り易い図面を描きたいと思っています。10年くらい製造業の現場で働いていました。ずっと設計をやってみたかったので、設計者に転身しました。一見それほど関係のなさそうな設計と製造という仕事ですが、ものづくりの現場ではどんなことに困っているかを知っていることが設計をする上で役に立つこともあり、違った仕事での経験も今に生きています。
未来の仲間へのメッセージ
設計業務には、センスや感性が反映されます。絵を描くのが好きな人には、設計が向いているかもしれません。そして何より設計をやってみたいという気持ちが大切です。私は自分と違った色々なタイプの人と一緒に仕事してみたいと思っています。お互いに刺激しあって、よりよい発想やよりよい設計ができるようになれたらいい。私も未経験からスタートし、お客様に教えられながら成長してきました。皆さんもKUONに来て、積極的にチャレンジしてみてください。

後輩の設計の参考に

担当:Kさん
担当業務でのやりがいは?
機構設計、機械設計を担当しています。この業務のやりがいは、 カラクリの開発や大手企業の開発に少しでも関われる事です。
あなたの未来について
自分の設計が、少しでも後輩の設計の参考になったらと思っています。
未来の仲間へのメッセージ
クオン電子は、これから将来にいろんな分野に参入していける会社です。一緒に会社を全国区に伸ばして行きましょう。

自分が手掛けた設計を世に

担当:Kさん
担当業務でのやりがいは?
様々な案件に携わる機会があるので、多くの技術に触れ吸収出来ます。
理解出来ることが少しずつ増えていき、なにかにそれを応用することが出来たときは嬉しいですね。
あなたの未来について
未経験からスタートでまだ出来ないことだらけですが、
「この設計は自分が手がけた」と胸を張って言うことが出来るようになりたいです。
KUONで働くということ・未来の仲間へのメッセージ
成長する機会がとても多いと環境です。自分からチャレンジしていけば、やりがいのある仕事が出来ると思います。
一緒に頑張りましょう。

どんなプロジェクトにも携われる

担当:Wさん
担当業務でのやりがいは?
どんなプロジェクトにも携われる事に、やりがいを感じます。
最終製品を聞いて、ビックリする事もあり、どんなに小さな事でもその製品に関わったのだと思うと嬉しくなります。
あなたの未来について
自分自身が成長することで子供が仕事に就くようになった時、何かアドバイスが出来るようになっていたいです。
KUONで働くということ
「仕事と子育てを無理なく両立していける環境を与えて頂き、とても助かっています。職場の雰囲気も良く、とても仕事がしやすいです。
未来の仲間へのメッセージ
一緒に成長しながら頑張りましょう。

◇総務

数字はお任せ!

担当:仁木課長
担当業務でのやりがいは?
以前は銀行に勤めていました。経理は、前職と同じく数字を扱う仕事なので、イメージしやすいです。
よその会社だと経理部門にも何人か人がいて、それぞれ役割が決まっていると思います。でもKUONは小規模なので、試行錯誤しながらいろいろと決めていけて、面白いです。
またこの仕事を通じて会社の仕組みから学べるのが魅力的です。考えることも多く、単調な仕事ばかりではありません。マニュアル通りにやるのではなく、自分のアイディアを仕事に反映することができるので、そこにやりがいと面白さがあります。
KUONで働くということ・未来の仲間へのメッセージ
KUONには自分の考えや意見をはっきりと言える体制があり、それが良いところです。厳しい上下関係もなく、皆仲が良い。自由な社風で、伸び伸びと仕事が出来ると思いますよ。会社の雰囲気・人間関係ともにとてもいいので、向上心のある方には、とてもよい勉強の場にもなると思います。
また女性でも男性でも、設計が好きなら、やりがいのある仕事ができる環境やチャンスがKUONにはあると思います。

事務は単純作業の繰り返しにあらず

担当:Uさん
担当業務でのやりがいは?
事務というと毎日単純作業の繰り返し…と思いきや、1から作り出す、という仕事もあり面白いです。
頭の固い私はアイデアを出すのに一苦労ですがやりがいもあります。
あなたの未来について
旅行にいっぱい行きたいです。国内も海外も。(隣にお手本がいて、いつも指をくわえてみているだけなので)色々なものを見て、食べて、経験したいです。そしたら面白い発想も良いアイデアも浮かぶかもしれないですし…。
KUONで働くということ
みんな気さくで仲が良く、自由に意見が言えると思います。分からないことは親切に教えてもらえ、仕事のしやすい環境だと思います。
未来の仲間へのメッセージ
やる気と根気が必要ですが、成長し続けられ、やりがいのある仕事ができると思います。一緒に頑張りましょう。

なんでもやります

担当:Iさん
担当業務でのやりがいは?
私はクオン電子で唯一の営業という立場で仕事をさせて頂いています。
私が今までいた業界の営業とは違い、形がないもの(設計)をどのようにアピールして、メリットを感じてもらい、設計をご依頼頂くか。悩ましいところではありますが、難しい分やりがいを感じます。また、営業だけでなく基板製造実装の手配業務やこのHPの管理運営など様々なことを任せて頂いているので、仕事の幅も広がり、たくさんの経験ができていることもやりがいのひとつです。
あなたの未来について
クオンの設計をもっと広めたいですね。そのためにもお客様との信頼関係、サポート等、なんでも誠実に対応して行きたいと思っています。
KUONで働くということ
自分のやる気次第でどんどん力をつけることができる、そんな体制が整っています。
設計の世界では少しやっただけですぐに一人前・・・なんてことはなく簡単にはいきません。経験を重ねるたびにスキルが上がってゆく、地道なレベルアップが必要です。
クオンは経験豊富な設計者が身近にいるため、スキルアップには抜群の環境です。
未経験者でも一から指導してもらえますし(私自身、文系出身で電気的知識ゼロで入社しています笑)、人間関係はとても良い会社なので仕事はしやすいです。
未来の仲間へのメッセージ
小さい会社だからこそ社歴が浅くても色々なことを任せてもらえる、行動が早い会社です。
未経験者でも経験者でも成長できる、そんなクオンで一緒に成長し、もっと大きくしていきましょう!